TOP > Coordinate

Recommend style / FIiftys Wool & Cashmere Vested Suit
今のファッションに欠かせないキーワード、それはクラシック&ヴィンテージ。

クラシックだけではなく、そこに味わい深さを添えるのが気分です。

そこで、今季、大プッシュのスタイルがこちら。

クラシックなムードが漂うベステッドスーツのスタイリング。

生地は、イタリアのDRAPERSのLOLLI SUGGESTIONSから。

1950年代のイタリアのヴィンテージをモダンにリデザインし、復刻させています。

映画、Godfatherに出てくる当時のイタリアのマフィアが着ていた渋いスーツをイメージ

してデザインされた生地で、他にはない魅力があります。

正に、クラシック&ヴィンテージという今の気分に合致します。

少し、アクが強そうなこのスーツ、どう着こなせば良いんだろう?

そう頭を悩ませる向きもいらっしゃるでしょう。

白シャツにネイビーのソリッドタイでシンプルに合わせるのが一番!

その考えも有りかもしれませんが、それではお洒落の楽しみが半減してしまいますよ。

折角、雰囲気があるスーツです、ここは少し頭を柔らかくしてトレンドを楽しみましょう
お薦めは、使う色を絞ること。

この場合なら、ネイビー1色で統一することです。

そして、コーディネートの大切なポイントをもうひとつ。

ベステッドスーツはVゾーンが狭いので、シャツとタイに強い柄を持ってくることです。

ネイビーのロンドンストライプシャツ×大柄ハウンドトゥースタイ。

この組み合わせならクラシックなムード満点ですし、ネイビーで統一しているので、

とってもモダンです。
トレンド感をより打ち出すなら、ベルトレス&サイドアジャスターのパンツを合わせても

クラシックという意味で方向性が合致します。

クラシック&ヴィンテージというトレンドにモダンさをプラスして、

今の時代に合ったベステッドスーツを楽しみましょう!
Bespoke Suit : fabric by DRAPERS ¥220,000〜

Shirt : LUIGI BORRELLI ¥35,000

Tie : FRANCO BASSI \16,000

Chief : MUNGAI \6,000

Shoes : Tricker’s ¥85,000
Other style
こちらは、ブラウン×ネイビーのオルタネートストライプのシャツにブラックの

ペイズリータイのスタイリングです。

大柄のペイズリータイは、クラシックをベースとしたアイテムなので、ベステッドスーツとは

相性抜群です。

よりトレンド性を感じるこのコーディネートもお薦めです。
Bespoke Suit : fabric by DRAPERS ¥220,000〜

Shirt : LUIGI BORRELLI ¥37,000

Tie : Altea ¥15,000

Chief : MUNGAI ¥6,000

Shoes : Tricker’s ¥85,000
2016 A/W


クラシック回帰が、今のファッションの要であることはご承知の通り。

ベステッドスーツやワンプリーツのパンツ、英国調の生地などが、今の気分なのもこういった理由からです。

そういう時代のムードを的確に捉えたスタイルがこちら。

控えめな同色系グレンチェックのベステッドスーツです。

メランジウールを用いたベステッドスーツは、クラシックなムード満点。

柄が悪目立ちしないワントーンなら、とってもモダンです。



グレーのワントーンでまとめた都会的なスタイル。

色のトーンを微妙に変えることは勿論、注目して頂きたいのはジレの柄。

グレンチェックのスーツに対し、ジレはマイクロハンドトゥースです。

あえて素材同士にコントラストをつけることで、着こなしに奥行きが生まれます。

今季、ドレスで格好つけるならベステッドスーツは欠かせません!

是非、挑戦してみて下さい。
Bespoke Suit : fabric by DRAPERS ¥210,000〜

Bespoke Shoes : Bolero ¥160,000〜

Shirt : LUIGI BORRELLI ¥38,000

Tie : FRANCO BASSI ¥16,000

Chief : MUNGAI ¥6,000
Other style


このスーツの魅力は、セパレート使い出来ることにあります。

ジャケット、ジレ、パンツ、全てが違う生地で構成される為、

完全なるジャケパンスタイルを構築することが出来ます。

スーツに比べて構成アイテムが多いジャケパンスタイルは、

それぞれ単品で組み合わせる必要がある為、難易度が高いと考える向きもあるかと。

でも、ドレスクロージングという括りで考えれば、

ある程度の着こなしのルールは決まっています。

ですので、そんなに難しく考える必要はありません。

では、僕たちが推奨する着こなしのポイントはというと・・・



今年らしくモダンな着こなしを実践するなら、全身グレーで統一しましょう。

ジャケットとジレは生地は違いますが、ベステッドスーツの上をそのまま流用。

パンツをダークグレーの無地に変えるだけで、こんなにもイメージが変わるんです。
Bespoke Suit : fabric by DRAPERS ¥210,000〜

Bespoke Trousers : fabric by CANONICO ¥38,000〜

Bespoke Shoes : Bolero ¥160,000〜

Shirt : LUIGI BORRELLI ¥38,000

Tie : Altea ¥15,000

Chief : MUNGAI ¥6,000

2016 S/S

素材選びに技あり!正統なネイビースーツの最新形


今、ファッショントレンドは、シンプルでコンサバな方向に大きく舵を切っています。

色気や遊びを前面に押し出した主張の強いスタイルは、
少々時代遅れの感があります。

そういった意味で、今、改めて基本色であるネイビーが注目されています。

しかし、定番であるが故に、変化に乏しく代り映えしない・・・
なんてことに陥る危険性もはらんでいます。

そんなモヤモヤを一発で解消できるのが、ソラーロです。

パッと見は、ベーシックな無地なんですが、夏の日差しや体の動きにより、
裏面の色が、ほのかに浮き出てきます。

普通だけど普通ではない。
この絶妙なバランスが、今のスーツには求められます。

ベーシックカラーの落ち着いたソラーロなら、ビジネスのドレスコードから逸脱せず、
新鮮なスタイリングが楽しめます。


今季のテーマは、「如何に普通に装うか」

定番のネイビースーツを如何にイマドキに着こなすかが、センスの見せ所です。
その際、華美な印象にならぬよう、色数を抑えるのがポイントです。

ネイビーのロンドンストライプ&ビッグパターンのビンテージ風小紋タイで
立体的なVゾーンに。

一見普通だけど、どこかモダン。
そんな空気感が今の気分です。



Bespoke Suit : fabric by DRAPERS ¥210,000〜

Shirt : LUIGI BORRELLI ¥35,000

Tie : FRANCO BASSI ¥18,000

Chief : MUNGAI ¥6,000

Shoes : Tricker’s ¥85,000



2015 A/W

秋冬のトレンドは
ブラウン&ファンシーストライプで決まり!!


今シーズンは久々にブラウンがトレンドです。

ビジネススーツの基本色といえばネイビーやグレーですが、
今季は断然、ブラウンがお薦め。

遊びが許容されにくいビジネススーツですが、
ブラウンをセレクトすれば簡単にトレンド感が表現できます。

トレンドとは言え、ブラウンは落ち着いた印象が強すぎると
若々しさが損なわれる危険性もあります。

ブラウンを都会的に着こなすにはひと工夫が必要です。
ポイントは、あまり渋いファブリックデザインではなく、
トレンド感のあるものをセレクトすること。

こちらのスーツの生地は、ドラッパーズのローリーサジェスションに収録されている
ブラウンベースのファンシーストライプ。

ブラウンのライトフランネルをベースに、
柄糸にブークレー糸を用いたトレンド感溢れるファブリックです。

コーディネートは、品良くワントーンで纏めるのが旬です。

ストライプスーツにピッチの違うストライプシャツ、
大柄のペイズリータイを合わせる攻めのスタイリングは、
kitonなどイタリアンクラシックのメーカーで提案されることが多いと思います。

スーツの地色をシャツの柄色で拾い、
シャツの地色の白をタイのスモーキーなブラウンで拾う。

ブラウンを重ねる着こなしは暖色系らしい独特の色気が備わります。


ワントーンでも動きのあるVゾーンを

ワントーンコーデは今季的な着こなしにはマスト。
平坦でノッペリした印象に陥らぬよう、柄を重ねる攻めのスタイリングを推奨します。

ペイズリータイは柄をくすませたヴィンテージ調のものが今風のセレクトです。
シンプルな色使いで柄を重ねるのがモダンに魅せるコツです。


モダンに魅せるコツは足元にアリ!

足元は案外、見られています。

靴の選択もそうですが、パンツ丈に気を使うと印象が激変します。
裾はダブル5p & くるぶし丈に。

スーツだからこそ、足元のちょっとした変化が効果的です。